読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味っ子ツッコミ7

8巻4話「ネタ対工夫」
寿司握りコンテストの試食開始。
しかし海苔とトロを買い占めた「寿司虎」の資金力があれば審査員を買収、そこまでいかなくても人選を自由に操作するくらいできそうですがそこまでやらなかった模様。
これはそんなことまでしなくても、勝ちは見えてるという自信もあったのかな?
そして「寿司虎」の試食なんですが、一般の町内の人なのに目利きがすごすぎます。
(料理漫画にはよくありますが)
食べただけでご飯を炊く時に昆布を使ったこと、隠し味まで把握。
さらにそのへんのおばちゃんっぽいのに、海苔を見て「東京湾の秋産の新海苔」と見抜くとんでもない舌と眼力です。
アナゴとか甘エビも新潟産だとか見抜くし。
もしかしたら描いてないけど、「寿司虎」がいちいち解説してたのかな。
でもそうでもしないと、産地まで普通分かんねーよね。


8巻7話「袋の中身は!?」
福岡で天才少年料理人中江兵太との鍋対決に挑む陽一。
試作したアナゴ鍋を同僚に食べてもらう兵太ですが、自分でも食べて味になっとくせず鍋ごとぶちまけるという陽一と同じ行動を見せる。
素材を大事にってキャラの割に、自分で調理して満足行かなかったら料理ぶちまけるってちょっと面倒くさい性格ですよねこいつも。


8巻8話「決め手はふぐ!?」
アナゴ鍋の決め手にふぐの白子を待っていた兵太。
漁師から年に一度の上物だって言われてるんですが、試作でさばいちゃってるんですけど本番に取っておかなくていいんか?
ちなみにさばいてるシーンと白子を見るとまな板一杯クラスのでかさなんですが、実際に検索したら7kg超える同じくらいでかいとらふぐとか出まわることもあるらしいです。
この大きさなら試作しても本番用も余ってるでしょうけど、次話で白子と一緒に小ぶりなさばいてないふぐが並んでるんですけど、あれ飾りですかねw。
あと普通にふぐさばいてるんですけど、お前ふぐ調理の資格持ってるんか?
気になって調べたんですけど、福岡は調理師資格はいらないけど高校入学できる年齢以上でさらにふぐの調理実務経験が年単位で必要とかで兵太にはどう考えても無理ですよね。