読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味っ子ツッコミその3

4巻1話「ソースはどうする?」
ハンバーグ3つを肉の配合を変えて食べきれる工夫を披露する陽一。
いや・・・無理あるだろ・・・。
学生とか男は行けるだろうけど、女性には量多すぎやしませんか?
描いてるサイズ見ると1個の大きさがファミレスでちょっと小さいハンバークかな?って思うくらいのでかさっすよ・・・?
それと串にさせば順番に食べてくれるのさ!
って言うけど皿に置いてあるんだから客が順番に食べるとは限らないよね。
手に持つんじゃなくてナイフとフォークで切り分けてるんだし。


4巻2話「勝負は決まった!?」
勝負当日一番に両者のハンバーグを試食する味皇
甲乙つけがたいが、勝負は決まった!と味皇断言。
丸井さん達に「窓の外を見てみろ!」って言うんですが、開店したばっかだから普通に相手の店の方が人並んでる光景がw。
さすが味皇意味が分からないこともその貫禄で言われると重要事に見えてしまいます。
ちなみに2時間後には人の流れ逆転してるんですが、時系列的に今すぐ見ろって言ってる時点でその話じゃないんですよね多分。
あとこの町の人は何か味覚がおかしいってか、ちょっとでも相手より旨いって聞くと相手の店無視する勢いで詰めかけてくるんですけど、好みもあるんだし向こうに行く人だっているでしょうと思うんですけど。
味将軍という組織をのぞけば「向こうもうまいけど、こっちもさらにうまい」なら両方あっていいじゃないかが普通の客だろうと思うんですけど、こっちの方がうまいから向こうは潰れても全然おkという極端思考は冷静になるとちょっとどうかと思います。



4巻4話「ふんわりの皮」
祭りの出店権をかけて岡田屋とお好み焼き対決開始。
まずは皮の工夫で山いもを少量使ってることを見抜き、100%山いもにすることであっさり相手を上回る。
・・・しかしそれでいいなら岡田屋だってそうすると思うんですが、しないのは何か理由があるんじゃないすか?
具材の相性関係もあるんでしょうけど。
というか山芋すりおろすってそれ「とろろ」ですよね・・・。
粉系入れないとお好み焼きってより具入りの焼きとろろって感じなのでは。


4巻5話「ボリュームのある具って!?」
ボリューム感が足りないお好み焼きに、床に落ちたガムからもちを入れることを思いつく。
試食した母法子さんがこれは何?って驚いてますが、いや餅って分かるよね当たり前だけど・・・。
漫画だからしょうがないけど。
ちなみにこのお好み焼き対決では相変わらず料理がうまく行かず食材ぶちまける暗黒陽一が見れます。
しかも2回もぶちまけるキレっぷり。