読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千葉市動物公園に行ってきた

雑記 千葉市動物公園

ちなみに行ったのは1週間前くらいです。
今回は携帯で写真もとったのでいくつかあげていきます。
相方と二人で行ってきたわけですが・・・暑すぎワラタwwww。
気温35度、雲一切なし、動物は一部覗いて死にそうなくらいぐったりしてました。
あと人が本当にいないのねここ。
お盆前の平日昼間とはいえこんなにスカスカで大丈夫かって心配になるくらい。
しかし人いないってことはどの動物もかぶりつきで見放題ってことなのでそこはいいとこ。
(真昼の太陽の下日陰があればだけど)
あまりに暑すぎて写真撮る時も構図とかピントとか考慮するのもめんどくさくて、適当に撮ったので使える写真がほとんどないですね。

動物園の隣にある野鳥観察池にいた鳥。
名前は・・・何だろ?
池の周りで写生してるおばあちゃんがいたんですが、暑そうで大変そうだった。

サル山の猿。
日の下にはいられねーってことで隅っこに避難中。

オラウータン
暑すぎてグテっとしてます。
彼はオスのほうで、見てると5分に1回くらい思い出したようにごそっと動いてまた待機って感じでした。
あとメスが同じ檻にいて警戒心が強くていつも上にいるので探してみよう!っていうPOPがあったんですが暑すぎて警戒するどころじゃないのか普通に下でだれてたお。

千葉市動物公園といえば彼。
レッサーパンダ風太くん・・・なのかなこれ。
立ってれば判別可能・・・って何頭かいたけど全員こんな感じでずっと見てても微動だにしないし分かんないね。


ラクダ。
猛暑の中比較的動いてる方だった動物。
さすがラクダ、暑さには強いぜ。
なぜかこのラクダはひたすら柵にしゃぶりついてて何してんだろって感じ。


モウコノウマたん。
蒙古地方の野馬だから蒙古野馬。そのまんまですね。
野馬という名前ですが野生化で絶滅して飼育個体を繁殖させての野生復帰プロジェクト進行下で生き残ってるだけとのこと。
最近になってモンゴルで繁殖個体の野生復帰が実現したらしいです。
一次17頭まで減った個体数も何とか1000頭以上にまで回復。
明るい話題の一方で遺伝子的な多様性の確保や生息環境の悪化など問題も山積みでまだまだ先は長いです。


キリンさん。
ちょうど食事タイムで目の前で葉っぱを貪る様子。
写真だと距離感わかりづらいですが2mくらい先です。
もう1箇所手すりの前に枝が置いてあって、そこだとさらに近くて1mくらい。
手を伸ばして触ろうと思えば普通に触れちゃうくらいの近距離でキリンさんを観察できます。
ただここ陽を遮る物が何にもなくて長くいるとクラクラしてきそうな場所でした。
これが上野動物園なら人が山のようにいてとかなりそうですがここは千葉動物公園。
入れ替わりで人はきますが多くても10人くらい。
堂々と目の前で観察し続けることができました。

あと適当にとった写真と幾つかのせておく。
何の動物かはもはや自分でもよくわかんないので解説はなし。